常葉町の商店街の一画に昔懐かしい駄菓子屋がオープンしました

00350001

 地元の商店街を子供たちの意見・アイデアで活性化を目指す『ふくしまの子・ふるさとの商店街プロディース事業』
商店街の歴史を学んだり実際に歩いてみるなど4回のワークショップが行われ、その中で子供たちの「こんなお店があったらいいな」という意見を実現したのが、「駄菓子屋にゃんこ」です。

場所は商店街の中心にあるコミュニティスペース「ハイリャンセ」です。
12月11日(日)にオープニングセレモニーが開かれ、7名の子供たちが店員として参加しました。

この日は、150人の来場がありました。店内には、お店の名前「にゃんこ」にちなんだ招き猫のフラッグなどが飾られ、棚にはさまざまな種類の駄菓子が並べられ、訪れたお客さんも品選びに迷ってしまうほどでした。

当日は小中学生を対象に商店街スタンプラリーも行われ、大勢の子供たちが各商店を巡って駆け回る姿が見られました。

地元の方々から、「こんなに大勢の子供たちが商店街を歩いているのは久しぶりに見る」「賑やかな商店街だった頃を思い出す」などの声も多く聞こえ、非常に賑わった一日となりました。

ときわ交流スペースハイリャンセ
〒963-4602 福島県田村市常葉町常葉中町32 ときわ交流スペースハイリャンセ

DSC_0425 DSC_0423 DSC_0400