おうちでも、職場・学校でもない、あなたにとってのサードプレイス「SOMETTOKORO」


▼“サードプレイス”とは・・・
交流拠点「SOMETTOKORO」(ソメットコロ)は“サードプレイス”です。おうちでも、職場・学校でもない第三の場所という意味です。いわき市出身の地域おこし協力隊の吉田チエミさんが2024年3月21日、古殿町役場から西へ300mほど離れた県道14号線沿いの一軒家を改装して開設しました。

▼「フルドノタイム」
吉田さんは大学卒業後、東京で靴屋に就職し、シューフィッターとして足育活動をしていました。そんななかで地域体験イベント「フルドノタイム」に関わる古殿町民のパワフルさに触れ、福島へのUターン移住を決断しました。2021年7月から古殿町の地域おこし協力隊として「フルドノタイム」などに係わりながら、自らも町内外の人たちが気軽に立ち寄れる場を作りたいと計画をすすめました。

▼「SOMETTOKORO(ソメットコロ)」
吉田さんは2022年11月、古殿町松川横川地区で元雑貨店を営んでいた家主さんと、歩いて立ち寄れる場「つなやさんち」を開設します。社会福祉協議会と協力を得て、近所高齢者向けに百年体操を開催しました。「家主さん主催で、定期的に卓球大会を開催しました。放課後フリースペースも人気でした。」「つなやさんち」は地域の人たちで自主運営できるようになってきたので運営を任せ、吉田さんは、次の活動として「SOMETTOKORO」を開設したのでした。

▼のぼりが目印、主なるオープンは水曜日です!!
「身近なアレで染めてみっかい」と町民の皆さんに呼びかけ、材料持寄りで草木染の教室を開催しています。「ここでは、ものづくりをしたり、誰かとおしゃべりしたり、ひとり静かに本を読んだりと過ごし方は人それぞれで。みんなにとっておもちゃ箱のような空間に育っていければいいな。」と吉田さんは想いを語ります。そして「ウチもソトも関係なく、ふら〜っと立ち寄った人が、ほっとしたり、わくわくしたり。古殿町に来たことがない人にも、気軽に遊びに来ていただけるような空間にしていきたい」とも話してくれました。
オープン日時や体験WSの内容はinstagramで確認できます。
(2024年4月17日取材S)

SOMETTOKORO(ソメットコロ)
■運営:吉田チエミさん
■福島県石川郡古殿町竹貫字竹貫68-1
https://www.instagram.com/tototo_fukushima/
■問合せ:SNS 問い合わせフォームより
■駐車場は敷地内に来客用2台分有

写真トップ:ソメットコロ・オープンのノボリと笑顔で迎えてくれる吉田チエミさん。
オープンの日はこのノボリが目印です。
写真建物の左側に駐車場があります。
玄関は道路側からになります。

写真2枚目:玄関を入ると、座卓の部屋とテーブル席の部屋。どちらでも、ゆっくりと過ごすことができます。
古殿町を紹介するチラシやリーフレットもあります。
凍み餅が飾ってあり、おしゃべりの話題がすぐ見つかります。

写真3枚目:吉田チエミさんがこれまで染色した作品を見ることができます。草木染の材料は身近な草花や木々の枝や葉などです。中には、町民の皆さんが持ってきてくれたタマネギやタケノコの皮などで染めた作品もあります。
染め上がった色は、二つと同じ色はありません。発見がいっぱいです。