大人の時間を楽しめる『珈琲香坊』(矢祭町)を訪ねました。

coffee001

大人の時間を楽しめる『珈琲香坊』(矢祭町) 
店主:長谷川修司さん

 国道349号線の茨城県境近くに、三角屋根の『珈琲香坊』が建っています。店主の長谷川修司さんは、もともとコーヒーが大好きで、いつかはカフェを開きたいと考えていたそうです。そんなときに出かけた妻の実家矢祭町は水がおいしいことに気づき、2003年に同店をオープン。店で扱う豆は、長谷川さん自ら中南米まで足を運びます。現地で厳選したものを購入し、豆の特性を生かした自家焙煎。店いっぱいがコーヒー豆の良い香りに包まれます。

 店内に入ると目に飛び込んで来るのがたくさんのカップ。カラフルなものからシックなものまできれいに並べられ、その中から気に入ったカップを選ぶことができます。お好みの珈琲と、季節の果実を使い珈琲に合うように手作りされたケーキが揃えば、至極のひと時が過ごせます。ケーキの種類は毎日のブログ(珈琲香坊の日々)で案内されていますので、お好みのケーキが出ている日は早めに出かけることをお勧めします。

ログハウス風の外観、室内には暖炉、木のぬくもりを生かしたとても落ち着く空間は、女性一人でも気軽に訪れることができます。個性を楽しめる珈琲とやさしさを感じるケーキ。ゆっくりと流れる時間を楽しむ大人の居場所が珈琲香坊です。
 
 県境に近いこともあり、「お客さんは茨城からの方が多いですね」と長谷川さん。阿武隈地域の南端にあたる矢祭町は、春は矢祭山のツツジ、夏は鮎と渓谷の散策、秋は紅葉と見どころがたくさん。冬は「もったいない図書館」で読書の後、珈琲香坊でくつろぎの時間を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

 珈琲香坊では、自家焙煎の珈琲豆を買うこともできます。店で味を確かめ、気に入った豆はネット注文も可能です。夏には阿武隈の美味しい水を生かしたアイスコーヒーも堪能できます。ぜひ一度、その味を確かめに、まずは足を運んでみてはいかがでしょう。
 
 
 『珈琲香坊』
 東白川郡矢祭町小田川字中山17-1  Google map
 TEL:0247-34-1131
 定休日:毎週水曜日、毎月最終木曜日

coffee002