キッチンカーで新たなチャレンジ!(田村市地域おこし協力隊:大島草太さん/田村市都路町)

 今年、大学を卒業して田村市地域おこし協力隊として活動している大島草太さん。栃木県出身の大島草太さんは、大学進学をきっかけに福島に住みはじめました。

 大学在学時の実践学習型プログラムで川内村に関わり、地域づくりの活動に興味を持ち、実践学習型プログラムが終了してからも、「お世話になった川内村に貢献したい」という想いから、地域の特産であったそば粉を使用したワッフルを発案し、移動販売を行なう『Kokage Kitchen』をオープン。イベントなどでその味を楽しんでもらいながら、地域のPRに注力されていました。

 地域のPR活動をさらに発展させるために、考えたのがキッチンカーでの移動販売でした。地域に貢献したいという一心で昨年の11月にクラウドファンディングに挑戦し、見事、目標金額を達成!キッチンカーを購入しました。
塗装や看板取り付け、キッチン設備の導入など経て2020年3月に『Kokage Kitchen』キッチンカーで完成し、これまでのそば粉ワッフルの販売に加え、その他の特産品の販売もできるようになりました。

 地域に関わる、地域づくり活動のきっかけの地となった川内村と阿武隈地域、福島県全体をPRしていきたいという考えから、現在は田村市地域おこし協力隊として、田村市都路町のグリーンパーク都路を中心に活動されています。田村市地域おこし協力隊と『Kokage Kitchen』を両立し、川内村、田村市、阿武隈地域一体のPR活動をしていくそうです。
 新型コロナウイルスの影響により活動が制限されていますが、収束したのち、川内村、田村市、阿武隈地域の可能性を乗せたキッチンカーが走り出します!

大島 草太さん
田村市地域おこし協力隊
Kokage Kitchen 代表
Facebook/https://www.facebook.com/KokageKitchen/
Twitter/https://twitter.com/kokagekitchen

この記事は、新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、リモートで取材しました。