人も元気!野菜も元気!地域も元気! 〜道の駅ふくしま東和〜

touwa001

「春の陣・桜フェア」が終了した翌日、道の駅ふくま東和(以下道の駅とうわ)に行ってきました。
イベントが行われていないにもかかわらず、二本松市内でも有数の桜の名所に近いとあって、午前10時過ぎには駐車場はほぼ満杯です。

道の駅とうわは、国道349号線に面していて、いわき・相双・中通りを結ぶ重要ルート上にあります。豊かな自然を生かした里山づくりをおこなう東和地区では、早くから有機栽培や低農薬栽培で多種少品目を栽培する方法を取り入れていました。

現在では、牛ふ んや食品残さから有機堆肥「げんき1号」を作り、それを使用して会員が栽培した「東和げんき野菜」を販売しています。販売している野菜一つひとつに貼られた「げんきシール」は、特別栽培基準をクリアしたことを証明の印。東和の野菜は、自慢のブランドです。

運営を担う「NPO法人ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会」の武藤一夫理事長は、「道の駅だけがにぎわってもダメです。人が元気で、地域が元気でなければね」とおっしゃいます。

同協議会では、栽培指導をはじめ遊休桑園の再生や耕作放棄地の解消にも積極的に取り組み、桑の葉パウダー、桑の実ジャムなどのオリジナ ル商品開発も余念がありません。

さらに、毎月1回開かれる「昔話会」や、伝統の技を体験できる「竹かごづくり」など、地域とのふれあい行事も数多く企画されています。
本物にこだわるスタッフが考案した旬の素材を使った期間限定のジェラートも人気です。(ヤキイモや黒豆キナコ、ショウガハチミツ、キュウリなど)


駅長からの一言

里山の桑畑と棚田の赤とんぼが舞う日本のふるさとの原風景が今も残る、二本松市の東和地域(旧東和町)の「NPO法人ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会」が運営する地域づくりを目的に運営する道の駅です。

この道の駅の特徴
阿武隈の山すその国道349号沿いにある道の駅「ふくし ま東和あぶくま館」は、一見どこにでもある施設の ように見えます。しかし、店舗に足を一歩踏み入れる とすぐに違いが分かることでしょう。元気のよい挨拶と共に、 独自の認証「東和げんき野菜」のシールが貼られ た多種多様な新鮮野菜が目に飛び込んで来るでしょう。全国ブランドの商品は全く売られていない地元産品に徹したこだわりです。 地元産の桑の葉を加工した桑茶等も所狭しと並び オンリーワンの道の駅です。

この道の駅で是非食べてほしいもの
「大事に育てたふるさとの野菜をどうぞ」のメッセージ がある店内の自慢のげんき野菜果物と、それらで調理したみちくさ亭と、下田駅中華の食堂メニューは庶民向けで味は絶品です。更にすべて手作りの、「ジェラードショップナチュレ」に注目。おすすめは、地元酒蔵とコラボした酒粕アイスは絶品です。


名称 道の駅ふくしま東和
所在地 二本松市太田字下田2-3道の駅「ふくしま東和」あぶくま館
お問い合わせ先 0243-46-2113
メールアドレス yuukinosato@piano.ocn.ne.jp
URL http://www.touwanosato.net/
営業時間 営業時間/9:00~18:00
定休日/年中無休(1/1のみ休業)
アクセス方法 東北自動車道
二本松IC 車(一般道)  約30分
磐越自動車道
船引三春IC 車(一般道)約25分
駐車場 52台優先駐車場4台

touwa_rijityou

touwa002touwa003
touwa004

touwa005