美味しい発見がある 「道の駅たまかわ こぶしの里」(玉川村)

tama001

「道の駅たまかわ こぶしの里」(玉川村)

 県道208号線で福島空港から滑走路の下を通り向けると大きな看板で出迎えてくれるのが『道の駅たまかわ こぶしの里』。道の駅としての機能のほか、玉川村の物産・食を提供する直売所です。店内には、玉川村産自慢の農産物に加え、「さるなし」「空心菜」「しぼりトマト」等玉川村の特産物を加工した多くの商品が販売されています。特に野菜においては、玉川村の農家生産のものが8割を超えます。「ハウスを持つ農家も多く、1年を通して棚一杯の野菜が並びます」と駅長の穂積俊一さん。

そして、それらの野菜を求めて買い物に来る方々の8割が、須賀川市や郡山市等、都市部に住む人たちです。新鮮で、安くて、おいしいものが買えることが広く認知されているのです。

特産の一つである「空心菜」はシャキシャキの食感で、油との相性はバツグン。炒めるほか、和えものサラダで楽しめる生も販売しています。また、加工にも力を入れており、乾燥させてお茶に、粉末にして麺やお菓子、調味料にと多彩な商品が並んでいます。

 玉川村きっての特産品「さるなし」はいち押し。果実はキウイと同種ですが、皮ごと食べることができます。程よい甘酸っぱさが特徴で、収穫時期は9月中旬からのひと月ほどのため、絞った「さるなしジュース」が一番の人気商品になっています。「さるなし100%ジュース」は、その酸味から大人に人気の商品です。ジャムやワインだけでなく、肌をしっとり艶やかにするクリームまで加工商品は多種多様です。
たくさんの加工品が並ぶまでの商品製造に関わったたくさんの方の努力が、新たな加工場建設までに繋がり、2018年春の操業開始を目指し、急ピッチで工事が進められています。

また、店内には食事ができるコーナーもあります。蕎麦打ちのコーナーもあり、打ち立ての蕎麦が味わえます。昼時には、席が満席になるほどの人気です。

 道の駅たまかわの近隣には、「道の駅ひらた」(平田村)「道の駅ふるどの」(古殿町)があります。「それぞれが競い合いではなく、互いにその強みを生かしながら連携することで、阿武隈の真ん中に人を呼び込うことが大事。そのために、生産者だれでもが使える加工場をつくっている。互いに協力することで阿武隈の地域に活気があふれてくることを願っている」と熱く語る穂積駅長さん。
 魅力あふれる駅長さんが自慢する美味しいを探しに、ぜひこぶしの里へ出かけてみませんか。

ホームページ http://www.kobushinosato.com/
※別ウィンドウかタブで開きます

道の駅たまかわ こぶしの里
石川郡玉川村大字岩法寺宮ノ前140-2 Google Map
TEL 0247-57-3800 

店長から一言

お客様の笑顔のために、まごころをこめ安全、安心な野菜、加工品作りに努力しています。
それなりの美女たちが
とびきりの笑顔でお待ちしております。

この道の駅の特徴

合戦場の枝だれ桜などさくらの郷周辺には桜の名木に囲まれており、春には多くのお客様
でにぎわいます。

この道の駅で是非食べて欲しい物、名産物など

地元産100%の岩代高原手打ちそばが人気です。
ごんぼコロッケ、手作り感たっぷりの加工品、石窯で焼くピザが好評です。

michinoeki_tamakawa

tama002

tama003

tama004